×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

発表 2004/09/12

スキルアップしようぜ

こんちわ。鬼畜す。最近よく使う四字熟語は「一人一殺」す。

もはや学歴の時代ではない、と叫ばれ始めてもう10年ほどか。
あなたも「学歴ばかりご立派だけど使えないヤツ」に出くわしたことはあるでしょう。俺もあります。
眉間を親指でグリグリグリグリ!っとしてやろうかと何度思ったか知れません。

さて。そんなわけで、これからはスキルの時代です。
様々な資格がありますが、中には世に知られていないブレイク寸前の資格も山ほどありますね。今回はそんな資格を紹介します。
みなさんもこれらの資格を取得してスキルアップに励みましょう。

 

・性技士(1種・2種)
国家が認定する性のスペシャリスト。実技による国家試験に合格する必要がある。
記念受験者が多いのが特徴だが、落ちるとワリとヘコむ。ほとんどの職種の就職には関係しないが、免許証を持っていると夜の街で結構アピールできるため人気は高い。
2種は特殊プレイ専門。こちらは難易度がやや高め。

・ハンデ演出家
自分が背負うハンデをわかりやすく演出する技能資格。
作文と朗読によって試験を実施。演出するハンデは肉体的または家族構成等が多く、流行の兆しを見せている。

・クズプランナー
飲み会、誕生パーティーなどのイベント時に誰が考えても盛り上がらないと予想される企画を嬉々としてプランニングする民間の資格。
認定資格なので無試験。自分のことを面白人間だと思ってるらしい。

・人物批評士
独断で他人の価値を判定する技能資格。別名「なりきりプロファイラー」。
全ての人間を自分の定規で測れる気分になれる。

・1等後悔士
後悔に関する絶対的専門家。
夜、布団に入って目を閉じてからその日一日を振り返り、一人反省会を開会。
「なんであんなこと言っちゃったんだろう」などと悶々と後悔したりする。

 

スキルアップしようぜ。

鬼畜house感想掲示板

指一本でできるボランティア。↓押して行きなさい。連射禁止。
BSリアルタイムランキング!!
ホームページランキングネット
人気サイトランキング

鬼畜houseTOPページ