×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

発表 2005/04/18

ダッコちゃん

ご存知だと思うが、現在「ダッコちゃん人形」が再び大ブームの兆しを見せている。
昨年の秋くらいからだろうか。これまでほとんど見かけることのなくなっていた伝説の「ダッコちゃん人形」がチラホラと街のそこかしこで見受けられるようになり、この春から一気にブレイクしたという印象だ。

今年、花見に入学式に確定申告にと春の主要な行事の場面で必ず見かけたこのダッコちゃん。
その源流は昭和35年までさかのぼる。つぶらな瞳の過度にディフォルメされた黒人少女の人形がそれだ。正式名称は「木のぼりウインキー」。
当時の南洋ブームに乗って売れに売れ、社会現象にもなったが程なくして人種差別表現の問題を鑑みて生産中止となってしまった。

もちろん、現在販売されているのはそのあたりに配慮して改善された品ばかりである。
以下に今売れ筋のダッコちゃんを挙げてみよう。




『ユタから来たダッコちゃん』は白人の少女がモデル。肌触りがザラザラしていて顔中にソバカスがあり、脇の下が強烈に臭いのが特徴だ。
もちろんジーンズは牛馬の糞と泥で汚れた様子を完全再現。細かな芸が光る!

韓国人少女をモデルにした『ウリナラマンセーダッコちゃん』は狐目でキムチのほのかな香りが付いた個性派ダッコちゃんだ。
他のダッコちゃんに比べてリーズナブルなのも魅力的。

国民定住化政策で在来の伝統を破壊しつつあるインドからは『乞食ちゃん』が登場。
額の中心に赤外線センサーが内臓されており、人の気配を察知すると「バクシーシ!バクシーシ!(お恵みを)」と連呼する意外に高性能な一品である。

ドイツ製の輸入ダッコちゃん『ピンヒールちゃん』は名の通り、ピンヒールを履いたちょっと大人のダッコちゃんだ。
その他、右手にビールジョッキ、左手にフォークに刺したウィンナーを持ち、頭上に掲げて傾けるとオシッコをかけてくれるという、ドイツ人男性の三大欲求を象徴する作りになっている。

また定番のダッコちゃん『オランダ人の奥さん』も捨てがたい。最近のは、特にすごいらしいよ?

この春は彼女たちを連れて、流行の最先端を狙おう!

鬼畜house感想掲示板

指一本でできるボランティア。↓押して行きなさい。連射禁止。
BSリアルタイムランキング!!
ホームページランキングネット
人気サイトランキング

鬼畜houseTOPページ