×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

発表 2005/08/26

自由になりたくないかい?(尾崎豊・談)

北朝鮮から今、戻りました。

国民のみなさんがどれだけ不自由な想いをしているか心配してましたが、段々とまともな国になってきているようです。

例えば、

去年の北朝鮮にて

これは北朝鮮国内で1年前に撮影したある大衆食堂のメニューです。

「鍋物」

「ソーメン」

「スルメ」

これだけしかメニューはありません。
なんと非人道的なメニューでしょうか。
物資の不足はもちろんのこと、選択肢がこれだけしかないことになんの疑問も持てないほど北朝鮮人民の心が自分で考え、行動できないことに慣らされていることを容易に読み取ることができます。

私はこの写真を撮影した直後、国連をはじめ、各国の主要メディアにこの写真を見せて回りましたがどこも門前払いにされました。
そのうえピューリッツァー賞も受賞できないとは、なにかの陰謀があったことを確信せざるを得ません。

さて、そういう経緯があっての今回の訪朝だったので正直「今回も努力に見合った成果は期待できないだろう」という想いを抱いていました。

しかしながら。
しかしながらですよ。
今回、件の食堂にて大きな変化を確認することに成功しました。
このスクープ写真を御覧ください。

北朝鮮にも春が来た!

写真の右側に注目してください。
メニューそのものには変化がないものの

おかわり自由ハムニダ

と、はっきりとハングル文字が書かれているのがわかると思います。
あらゆる自由のない国に「おかわり自由」が降臨してましたよ!

もう、受賞とかなんとか言いません。
北朝鮮の人々が笑顔であるなら・・・!

鬼畜house感想掲示板

指一本でできるボランティア。↓押して行きなさい。連射禁止。
BSリアルタイムランキング!!
ホームページランキングネット
人気サイトランキング

鬼畜houseTOPページ